不倫を解決する協議書(示談書)

男女問題は数多く起きており、不倫の当事者として責任を追及されたり、家族が不倫の問題に巻き込まれたりするトラブルは、人生のうちで何度かありうるものです。

秘密の不倫関係がバレて家庭内で揉めてしまう
信じていた夫が不倫をしていた
浮気相手との交際が発覚し相手方配偶者から慰謝料を請求された
不倫関係を解消したいが交際相手が納得しない

 

このようなトラブルが発生すると、どうしても感情的になってしまうものです。
それでも、いつまでも落ち込んだり非難を続けているだけでは問題は解決しません。

トラブルが起こったときの対応に、人としての真価が問われるものなのです。
ある程度、言うべきことを言ったなら、後は冷静になって解決のための行動をしなくてはなりません。

 

不倫の問題が生じたときは、まずは結婚生活を継続するのか離婚をするのかを考えなくてはなりません。
ほとんどの場合は、夫婦で苦難を乗り越えて婚姻生活を継続する選択をするものです。
どうしても耐え難い事情があったときには、離婚という判断もあるでしょう。

 

離婚ということになれば、不倫をした配偶者と交際相手に対して慰謝料を請求して、離婚後の生活について考えねばなりません。

婚姻を継続する場合は、配偶者と交際相手を確実に別れさせ、夫婦の信頼関係を取り戻すことを優先するべきです。

 

どちらの判断をするにしても、後日に問題が再燃しないように示談の条件を決める必要があります。
こうした不倫トラブルの相談や示談書の作成には、当事務所は豊富な実績があります。
不倫問題を解決したいとお考えになっているのなら、当事務所に書類作成をご用命下さい。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。


当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。






広告