不法行為と法律 示談書の作成エクスプレス

離婚や不倫、暴行事件など、不法行為に関する法律のポイントです。

 

不法行為の一般的要件
民法第709条
故意または過失によりて他人の権利を侵害したる者は、これによりて生じたる損害を賠償する責めに任ず。

 

非財産的損害の賠償(精神的損害の賠償)
民法第710条
(前略)前条の規定によりて損害賠償の責めに任ずる者は、財産以外の損害に対してもその賠償をなすことを要す。

 

損害賠償請求権の消滅時効
民法第724条
損害及び加害を知りたる時より3年間。
不法行為の時より20年間。
(つまり、不倫など不法行為を知った時から3年間で損害賠償請求権は時効になります。または、不法行為の存在に気付かなくても、20年間で時効になります。)

 

離婚後の子の監護
民法第766条
監護について必要な事項は協議でこれを定める。また協議をすることができないときは、家庭裁判所が、これを定める。

 

離婚による復氏
民法第767条
協議によって婚姻前の氏に復するか、離婚の日から3ヶ月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることのよって、離婚の際に称していた氏を称することができる。

 

離婚原因(離婚できる正当な理由)
民法第770条
・ 不貞行為
・ 悪意の遺棄
・ 生死が3年以上明かでないとき
・ 強度の精神病
・ 婚姻を継続できない重大な原因があるとき

 

傷害
刑法第204条
人の身体を傷害した者は、10年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料に処する。

 

暴行
刑法第208条
暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料に処する。

 

強制わいせつ
刑法第176条
13歳以上の男女に対し、暴行または脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6ヶ月以上7年以下の懲役に処する。
13歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

 

強姦
刑法第177条
暴行または脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、2年以上の有期懲役に処する。13歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。

遠山行政書士事務所では不倫や傷害事件などの示談書作成に多数の実績があります。


 

傷害事件や過失事故、会社と従業員間のトラブル、離婚、不倫、婚約破棄やセクハラ問題など、一人で悩まずに、当事務所に示談書作成のご相談をして下さい。

このような不倫や傷害事件のお悩みついては、ネット対応で12年の運営実績がある行政書士・遠山桂にお任せ下さい。


あなたのお悩みを解決するために私(遠山)が示談書作成のサポートをします

 

口約束だけでは、万一の時には証拠が残りません。せっかく話し合ったことも後から否定されてしまうと困ってしまいます。
示談書 を作成するなら、専門家に依頼した方が的確な内容に仕上がりますし、何よりも相手方も約束を守らなくてはならないという意識を強く抱くようになります。

そして、長年の経験からの的確なアドバイスをしますので安心感が違います。



 

当事務所は2003年よりネット上で全国対応の業務展開しており、様々なケースでの示談書作成に豊富な実績があります。
示談書は24時間以内に納品しており、料金は一律25,000円です。
(公正証書は別料金です。)

あなたの示談書の作成は、当事務所にお任せ下さい。




依頼内容の秘密は行政書士法の守秘義務に則って厳守します。








広告